破壊的変革の次なる潮流

SophiaTXとブロックチェーン技術が従来のビジネスモデルを進化させることとなる理由をご確認ください。

ブロックチェーンの利点

仲介業者の排除

ブロックチェーンは銀行、法律家そしてブローカーなどの複数の第三者の仲介業者への依存を減らすことのできる純粋なP2P(ピア・ツー・ピア)ネットワークです。

コスト削減

分散型台帳は、企業がこれまでよりムダのない効率的で採算性の高いプロセスを構築することを支援することにより短期間でのROI強化を実現します。

プロセスの高速化

ブロックチェーンは複数当事者シナリオでのプロセス実行を高速化し、営業時間に制約されない高速な取引を可能とします。

セキュリティ

ブロックチェーンの分散化・暗号化という特性により、ハッキングが難しくなります。これは企業やIoTのセキュリティにとって期待の持てる技術です。

透明性

ブロックチェーンの情報はすべての参加者が確認可能なものであり、修正することができません。これはリスクや不正行為を軽減し、信頼を醸成します。

自働化

ブロックチェーンはプログラム可能です。これにより条件が合致すればアクション、イベントそして決済を自動的に発生させることができます。

ブロックチェーンが最適なケース

1対1のドキュメント交換

請求書や発注書などのドキュメントを当事者間において完全な透明性と信頼の下で交換

高速と安全なデリバリー | コスト削減 | 透明性と問題減少 | 管理強化と不正行為軽減 | 税務コンプライアンスとリアルタイムの監査

複数当事者間の情報交換

プロジェクトの複数当事者間において透明で効率的で同期化された情報の交換

コラボレーションの透明性 | リアルタイム・スケジュールと提供可能な同期化 | 紛争および待機時間の排除

バリューチェーン全体での 複数当事者間のコラボレーション

メーカーから最終消費者に至るバリューチェーン全体において完全な透明性が得られることが利点のうちでもっとも複合的で一番価値のある部分です。

サプライチェーン全体での真正性とトレーサビリティ | IoTやその他のデバイスとのリアルタイムでの統合 | 不正行為の軽減

ブロックチェーンは近い将来に多くの異なるタイプのコラボレーションを可能とすると見込まれています。これによりまったく新しい運用モデル、ビジネスモデル、さらにバリューチェーンの完全な再定義へと帰結していく可能性がきわめて高いと思われます。
ヤロスラフ・カチナ(Jaroslav Kacina) CEO

ブロックチェーンのタイプ

パブリック

「非許可型」としてのパブリック・ブロックチェーンは、ネットワーク内の誰に対しても取引を確認・提出し、またコンセンサス・プロセスへの参加することを可能としています。パブリック・ブロックチェーンのユーザーは匿名性を保つことを選択することができます。パブリック・ブロックチェーンでよく知られている事例は、BitcoinとEthereumなどの仮想通貨による利用があります。

プライベート

プライベート・ブロックチェーンは高度に一元化されており単一の組織によって管理されています。アクセス権限やコンセンサス・メカニズムに参加し、ネットワーク内での取引を実行することのできるユーザーをこの管理者が決定することになります。

コンソーシアム

コンソーシアム・ブロックチェーンのコンセンサス・メカニズムは、ネットワーク内で取引を確認・提出することのできる企業など事前に選択されたメンバーのグループに開放され、このグループによって管理されます。ネットワークのデータは公開情報として確認可能とするか、選択された参加者限定での利用へと制限をかけることができます。このオプションのおかげでコンソーシアム・ブロックチェーンがビジネス用途での利用に最適なものとなります。

弊社専門家による情報

推奨文献

Get To Know Blockchain: Properties & Parameters

A Beginner's Guide to Blockchain Technology

5 applications for blockchain in your business

The Truth About Blockchain

Read SophiaTX Whitepaper

よくある質問

SophiaTX

本社はどこですか?

弊社の本社はスイスのLupfigに所在しています。

チームと連絡を取るにはどうしたらいいですか?

一般的に情報については、[email protected] までメールしてください。技術的なお問い合わせまたは何らかの問題をお持ちの場合、[email protected] までご連絡ください。(追加  – デモのリクエスト + メディアメール

プロジェクトの詳細はどこで確認できますか?

すべてのニュースや重大発表は弊社のソーシャルメディア(TelegramTwitterFacebookなど)で発表されます。しかしながら、技術に関して詳しく知りたい場合、現在開発中の「学習コーナー」が今後ご利用いただけます。

ERPs

ERP/SAPとは何ですか?

エンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)は基幹的な業務プロセスの統合管理であり、しばしばリアルタイムでソフトウェアやテクノロジーによって連携調整されます。ERPは、組織が多彩な業務活動からデータを収集、保管、管理そして解析のために利用できる統合型アプリケーションのスイートを典型とする業務マネジメント・ソフトウェアのカテゴリーの一つとして通常言及されています。SAPはドイツの企業であるSAP SEが開発したエンタープライズ・リソース・プランニング・ソフトウェアの一つです。

SAPと提携関係を持っているのですか?

そうではありません。弊社は商業上や革新的な理由からSAP(およびその他のERP/CRMシステム提供業者)とは無関係です。これにより弊社は革新性を促進し、従来の構造から解放され、真に破壊的変革を推進する存在となることができるのです。

SophiaTXはERPソフトウェアと統合されたブロックチェーンを構築しているのですか?

そうとも言えるし、そうでないとも言えます。弊社は優れたマネジメントの導入可能で適合性のあるエコシステムを構築しています。これにより様々な業界の企業がブロックチェーン技術を検討しビジネスに統合することが可能となるのです。

SophiaTXはどのようにしてSAPや他のERPに接続することができるのですか?

弊社はERP/CRMの一部ではなく独立した存在です。このため、こうした接続を「アプリを携帯電話へダウンロード」のように単純に考えることはできませんが、むしろお客様の会社がご利用のERPシステムの「下部」で稼動するプラットフォームとして弊社はSophiaTXを捉えており、それは独自のネットワーク(ブロックチェーン)を持ち、お客様のERPシステムを通じて利用されるデータは特別にデザインされたAPIを介してこのネットワークに送信されることになります。

自社の競合と見なしている会社はどこですか?

競合というものはありません。あらゆるビジネスが価値を見出し、利益を享受できる独特なエコシステムの開発と提供に弊社は専念しています。

御社にアプローチするのはどんなパートナーまたは企業ですか?

ご存知のように、ERP、CRM、ビジネス・ソリューションやブロックチェーン・ソリューションの世界は巨大なものであり、毎日異なるオファーをいただいています。しかし将来の潜在的な競争上の理由から、弊社はまず机上でお約束したものをお届けすること専念することに細心の注意を払っています。

今後の計画

テストネットはいつ早期採用者に開放されますか?

テストネット(ブロックチェーンのテスト・バージョン)は既に稼動しています。弊社はこれを使ってPOC(移行事前検証)デモを実施し、その機能をテストしています。最初の「早期採用者」は、ブラウザーとマーケットプレイスの両方が立ち上がればアクセスを許可されることになります。

メインネットの準備が整うのはいつですか?

2018年7月です。(ロードマップへのリンク

ロードマップはどこで見つけることができますか?

弊社のロードマップは弊社ウェブサイト(リンク)上に掲載されており、そこで「進捗に応じて随時」アップデートされ、また同ウェブサイトからダウンロード可能な弊社ホワイトペーパーにも記載されています。

各種取引所

どこでSPHTXを購入できますか?

弊社は現在以下に上場しています:

QRYPTOS
Bit-Z
HOTBIT
KuCoin

その他の取引所や大手の取引所に上場する計画がありますか?

それは現在弊社にとって優先順位の高い事項ではありません。

SPHTXトーケン

自分のトークンはどうやってスワップすることができますか?

「トークンをコインへ」スワップする期間が用意されています。その時点で弊社に対しお客様のERC20 SPHTXトークンを送信していただく必要があります。その後これはSPHTXコインと1対1の交換比率で交換されることになります。この期間に入る前に詳細情報が通知されます。

トークン・スワップ後に台帳のサポートが提供される予定はありますか?

あります。弊社はコインのスワップ後にハードウェアのウォレットへのサポートを予定しています。

コインのスワップ後に自分のERC20トークンを失うことになりますか?それともその後もそれらを利用することができますか?

「トークンをコインへ」のスワップ後もお客様のERC20 SPHTXトークンを利用することができますが、この「スワップ・イベント」後(一定期間)、トークンをコインへ交換することができなくなります。これは時間差の利益を狙う投機家が出てくる可能性があるために設定される措置です。

メインネットが立ち上がった後でトークンをどのように利用することができますか?

SophiaTXブロックチェーンが一旦完全に立ち上がると、その独自のコインであるSPHTXを利用することになります。SPHTXはブロックチェーン上にてマーケットプレイス内で複数の用途があり、また多くの分散型アプリケーション(Dapps)においても「ユーティリティ・トークン」として包含されることになります。